家出した家族の探し方

探し方②自分で探す

投稿日:2018年1月16日 更新日:

家出した家族の探し方には、警察に捜索願を提出する以外に、自分で探してみる方法があります。行方不明となってから時間があまり経過していない場合、特に有効な手段です。

部屋や持ち物をチェックする

もし可能であるようなら、最初に家出した人の部屋や持ち物を確認します。衣服や財布やバッグなどの他に、印鑑や預金通帳や身分証明書が持ち出されているようなら、計画的な家出の可能性があります。突発的な家出の場合は、財布と携帯電話だけということもあるかもしれません。

電話やメールで連絡を試みる

家出した人が携帯電話を持って家出したことがわかった際には、電話やメールで連絡をしてみましょう。すぐに電話に出なかったりメールの返信がされないことも考えられますが、電波のつながる場所にいることがわかるだけでも、発見のきっかけになることもあります。

SNSをチェックする

家出した人が日常的にLINEやTwitter、FacebookやInstagramなどのSNSに投稿をしている場合、SNSアカウントをチェックすることで、居場所のヒントが隠されている可能性があります。

近隣を探してみる

通学や通勤に利用する通りや、駅から自宅までの道を歩いて探してみることも、発見への大きな手がかりとなるかもしれません。よく遊びに行きそうな場所、カフェや居酒屋など、思い当たる場所を確認していきます。仮にすぐに見つからなかったとしても、発見につながる情報が得られるかもしれません。

-家出した家族の探し方

執筆者:

関連記事

探し方①警察に捜索願を提出する

家出した家族を探すための第一の方法として、最寄りの警察に捜索願(行方不明者届)を提出するやり方があります。 一般家出人 捜索願(行方不明者届)が受理されますと、特別な理由がない場合、一般家出人として対 …

探し方③探偵に依頼する

家出した家族の探し方には、人探しに強い探偵に依頼する方法もあります。調査料金が発生することになりますが、発見のスピードが最も早くなる可能性があります。ここでは、探偵に依頼した際の捜査方法について紹介し …